FC2ブログ
実用黒にんにくとにんにく辞典 : 黒にんにくやにんにくがもっとよくわかる関連用語の解説

実用黒にんにくとにんにく辞典

黒にんにくやにんにくがもっとよくわかる関連用語の解説


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫力          実用黒にんにくとにんにく辞典 ま行

めんえきりょく【免疫力】

  健康病気に対する抵抗力
  いわゆる自然治癒力である

  にんにくには
  ホルモンの分泌を促す働きがある

  この働きが生体のバランスを回復し
  リズムを整えることによって
  自然に体の抵抗力=免疫力を高める



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録
スポンサーサイト

容血作用        実用黒にんにくとにんにく辞典 や行

ようけつさよう【容血作用】

  血液中の赤血球を壊す作用 

  にんにくの臭いの成分である
  アリシンが持っている特長

  生のにんにくを大量に食べると
  貧血を引き起こすはこのため



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

魔除け           実用黒にんにくとにんにく辞典 ま行

まよけ【魔除け】

  にんにくは、魔除けや病魔払いの神様
  健康の守護神として
  私たちの生活に入り込んでいる

  これがにんにくの威力を物語る証拠になっている

  イギリスの回帰小説に登場する
  「吸血鬼ドラキュラ」は
  にんにくの臭いが苦手だったという話は
  誰でも知っている

  韓国、挑戦の田舎では
  現在でも乳幼児の身に「お守り」として
  にんにくをつける習慣が残っているそうだ

  わが国でも、江戸時代
  東北地方では、病魔から家族を守るために
  家の角ににんにくをつるす習慣があったそうだ

  現在でも、青森県弘前市鬼沢の鬼神社では
  にんにくが“魔除け”のシンボルとして
  崇められている



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

ホワイト六片  実用黒にんにくとにんにく辞典 は行

ほわいとろっぺん【ホワイト六片】

  寒地系ホワイト種のにんにくを
  鱗片が6つあるところから
  一般にホワイト六片と呼ぶ



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

福地ホワイト       実用黒にんにくとにんにく辞典 は行

ふくちほわいと【福地ホワイト】

  寒地系ホワイト種の中でも
  青森県産の特上級品のにんにくは
  福地ホワイトと呼ばれる



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

ピンク種         実用黒にんにくとにんにく辞典 は行

ぴんくしゅ【ピンク種】

  にんにくは大別すると
  藤色のピンク種と
  皮の白いホワイト種がある

  日本ではホワイト種が中心



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

ビタミンB1        実用黒にんにくとにんにく辞典 は行

びたみんびーわん【ビタミンB1】

  にんにくに含まれている有効成分の一つ


  にんにくのビタミンB1は
  体内での吸収率が非常に高い

  糖分の代謝に不可欠で
  不足すると病原菌に対する抵抗力が低下する


  作用は、食欲増進、体力増強
  伝染病に対する抵抗力増強



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

葉にんにく        実用黒にんにくとにんにく辞典 は行

はにんにく【葉にんにく】

  葉にんにくは
  葉の柔らかい春に出荷される

  根元の白い部分は
  にんにくとネギをあわせたような風味がある

  葉の部分はにんにく臭や辛味は弱く
  ニラに似ている


  ネギやニラに含まれるビタミンCは
  100mg中20~30mgだが
  葉にんにくの緑部は
  77mgものビタミンCがある



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

にんにく風呂      実用黒にんにくとにんにく辞典 な行

にんにくぶろ【にんにく風呂】

  にんにく風呂は肩こりに有効である

  筋肉の老化の一種の肩こりは
  血液の循環がわるくなって起こる

  にんにく風呂の方法は簡単で
  にんにく(一球約100g)の皮をむいて刻んだものを
  木綿かガーゼの袋に入れて湯に入れるだけ



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

にんにくの花軸     実用黒にんにくとにんにく辞典 な行

にんにくのかじく【にんにくの花軸】

  スーパーやデパートで 
  にんにくの芽として出回っている
 
  一見したところ硬い青ネギのようだが
  これは、にんにくの芽ではなく花軸

  にんにく球の肥大に伴って
  葉の間から花軸(とう)がのびてくるが
  手でポキポキ折れるぐらいの若い芽を
  摘み取ったもの



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

にんにくの芽      実用黒にんにくとにんにく辞典 な行

にんにくのめ【にんにくの芽】

  生のにんにくの芽は
  辛味があって、にんにく臭も少しある

  塩を少々入れた熱湯で茹でると
  鮮やかな緑色になる

  辛味やにんにく臭は和らぎ
  独特の甘味がある

  にんにく嫌いの人でも
  にんにくの芽なら
  あまり抵抗なく食べられる

  にんにく球同様スタミナ野菜として
  大いに利用すべき



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

にんにく灸        実用黒にんにくとにんにく辞典 な行

にんにくきゅう【にんにく灸】

  昔からの民間療法で
  神経痛やリュウマチに良く効くといわれている

  にんにく灸の方法は
  にんにくを3~4ミリの厚さに切り
  それを筋肉の痛む部分におく

  そのにんにくの上へ
  もぐさを小指の先ほどのせて
  線香で火をつける

  少々熱くても
  もぐさが燃え終わるまではがまんし
  お灸のあとは、軟膏を塗っておけば
  赤くなった皮膚も早く回復する



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

ナヤシン         実用黒にんにくとにんにく辞典 な行

なやしん【ナヤシン】

  にんにくに含まれる有効成分の一つ

  ごくわずかな量で
  生体内代謝に重要な作用をすることで知られている

  人間の頭の働きに
  ナヤシンは大きな働きを果たしている

  作用は
  頭痛、心臓の冠状血行を良くする
  血清コレステロールの低下



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

暖地系ホワイト種    実用黒にんにくとにんにく辞典 た行

だんちけいほわいとしゅ【暖地系ホワイト種】

  にんにくには大別すると
  皮の白いホワイト種と
  藤色をしたピンク種がある

  わが国では主にホワイト種が栽培されている  

  青森では寒地系ホワイト種
  (か行 寒地系ホワイト種を参照)
  香川県では暖地系ホワイト種が
  作付けされている

  主に関西方面で消費される
  暖地系ホワイト種は
  鱗片が4つから10数片ある



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

田子町          実用黒にんにくとにんにく辞典 た行

たっこまち【田子町】

  青森県三戸郡田子町(さんのへぐんたっこまち)
  青森県下で一番のにんにく生産地

  「田子」の由来については諸説あるが
  この地の先住民であるアイヌ人の言葉で
  「小高い丘」を意味する
  「タプコプ」から来ているという説が最も有力



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

ジャンボニンニク    実用黒にんにくとにんにく辞典 さ行

じゃんぼにんにく【ジャンボニンニク】

  青森の県畑作物園芸試験場では
  バイオ技術を駆使して
  上質の大粒にんにくの研究をしている



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

サチヴァミン複合体  実用黒にんにくとにんにく辞典 さ行

さちばんふくごうたい【サチヴァミン複合体】

  にんにくに含まれているすべての無臭成分を
  サチヴァミン複合体という

  にんにくには、他の野菜類と同じように
  ビタミンB1、B2、Cをはじめ
  蛋白質、カルシュウム、鉄などの
  栄養成分がふくまれている

  これ以外の、にんにくの特有の成分を
  狭義のサチヴァミン複合体という

  狭義のサチヴァミン複合体は
  特に薬効が著しく
  にんにくの人気の源といえる



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

牛乳消去法       実用黒にんにくとにんにく辞典 か行

ぎゅうにゅうしょうきょほう【牛乳消去法】 

  ニオイを消すのに効果的な方法の一つ 

  にんにくの悪臭成分であるアリシンが
  牛乳の蛋白質と結合するため
  ニオイが緩和される

  同様に蛋白質を多く含む
  チーズ、肉、魚、鶏卵などと一緒に食べても
  にんにく臭は抑えられる



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

寒地系ホワイト種    実用黒にんにくとにんにく辞典 か行

かんちけいほわいとしゅ【寒地系ホワイト種】

  ニンニクには大別すると
  皮の白いホワイト種と
  藤色をしたピンク種がある

  わが国では主にホワイト種が栽培されている

  青森で栽培されている寒地系ホワイト種は
  一般にホワイト六片と呼ばれているもので
  鱗片が六つある

  特上級品は「福地ホワイト六片」と呼ばれる品種



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

ガーリック・モザイク  実用黒にんにくとにんにく辞典 か行

がーりっく・もざいく【ガーリック・モザイク】

  にんにくのウィルス病

  にんにく栽培の泣きどころでこのウィルスに弱い
  媒介するのはにんにくの葉汁を好むアブラムシ

  このウィルス病を断ち切るために
  バイオテクノロジーでの
  茎頂培養(フラスコでの無菌培養)が
  確立されつつある



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

ガーリック・パウダー  実用黒にんにくとにんにく辞典 か行

がーりっく・ぱうだー【ガーリック・パウダー】

  にんにくの粉末

  ガーリック・パウダー入りのエサを食べたニワトリは
  産卵率が良くなるだけでなく
  病気にかかりにくくなる

  牛や馬、豚のどの家畜類にも
  同じことが言われている



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

ガーリック        実用黒にんにくとにんにく辞典 か行

がーりっく【ガーリック garlic】

  にんにくは、欧米では
  広く英名のガーリックで呼ばれている

  葉の形が槍状(gar)で
  辛い味(leac)という意味の
  アングロサクソン語を合成してできた言葉

  日本人が「ガーリック」という場合は
  たいてい、乾燥して粉末にしたスパイス用を指す



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

アリシン         実用黒にんにくとにんにく辞典 あ行

ありしん【アリシン】

  にんにくの主要栄養成分の一つ

  アリインがアリイナーゼという分解酵素と
  素早く反応して変化した物質

  にんにく特有の嫌なにおいは
  このアリシンが放つ



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

アリイン         実用黒にんにくとにんにく辞典 あ行

ありいん【アリイン】

  にんにくに含まれている無臭の物質

  刻んだりすりおろしたりすると
  アリイナーゼという分解酵素と素早く反応して
  嫌なにおいを放つアリシンに変化する

  効能は、抗菌作用・かぜ、伝染病の予防



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

熱灰           実用黒にんにくとにんにく辞典 あ行

あつばい【熱灰】 
 
  熱い灰

  人によって個人差はあるが
  熱灰でにんにくをこんがりと焼くのが
  一番おいしい料理法といわれている

  しかも、熱灰で焼いたにんにくは
  食べる時も食後もあまりにニオわない



実用黒にんにくとにんにく辞典
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 付録

 | HOME | 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。